beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

NB CHAMPIONSHIP U-13から代表、世界へ。3日間を「ターニングポイント」にした川崎F U-13が初優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝を喜ぶ川崎フロンターレU-13イレブン

[7.22 NB CHAMPIONSHIP U-13決勝 川崎F U-13 1-1(PK5-4)横浜FCジュニアユース 時之栖G]

 3日間を「ターニングポイント」にした川崎フロンターレU-13が初優勝! U-13世代の強豪32チームが優勝を争った「newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2019」は22日に決勝戦を行い、川崎フロンターレU-13(神奈川)と横浜FCジュニアユース(神奈川)が対戦。後半終了1分前にMF児玉昌太郎のゴールで追いついた川崎FがPK戦を5-4で制し、頂点に立った。なお、川崎FのFW香取武が大会MVPに輝いている。

 今月19日に発表されたU-15日本代表候補合宿メンバーには「newbalance CHAMPIONSHIP U-13」経験者13名が選出されたという。年代別日本代表、そして世界へと繋がる「newbalance CHAMPIONSHIP U-13」の今年の大会は、川崎Fが制した。

 準決勝終了から約1時間後に行われた決勝戦。立ち上がりは、準決勝から先発5人を入れ替えて決勝に臨んだ川崎Fを横浜FCがプッシュする。開始30秒、MF高橋友矢からのパスを左サイドで受けたMF伊藤晏理が仕掛けてポスト直撃の右足シュート。横浜FCはその後もMF笹歩睦が伊藤とのコンビネーションからクロスを上げたり、パンチ力のある左足を持つSB村雲誠琉が左足を振り抜くなど、ゴール前のシーンを作ってCKを獲得する。

 川崎FもFW坂本錠を起点とした攻撃やMF齊名優太の展開からクロスにまで持ち込む。前半終盤はなかなか前線までボールを運ぶことができずに押し込まれたが、我慢強く凌いで前半を終えた。

 川崎Fは後半開始から大量7人をチェンジ。9分には左SB荒井颯太がDF2人の間を突破して出したラストパスにFW香取武が飛び込む。だが、直後に横浜FCが先制点を奪う。10分、横浜FCは右中間で相手CBのパスをインターセプトしたMF庄司啓太郎が一気に前進。そして、スルーパスで抜け出したFW多田雄貴がGKをかわしながら右足シュートをねじ込んだ。

 横浜FCの出足の速いチェックに苦戦した川崎Fだったが、ボールを繋ぎ、相手の守りのズレを作り出してラストパスを狙う。横浜FCは、その背後を突く形でビッグチャンス。だが、川崎FはGK石山アレックスが多田との1対1をストップするなど食い下がる。

 25分ハーフの戦いは終盤戦へ。横浜FCが優勝に近づいたが、試合終了1分前の後半24分に川崎Fが同点に追いついた。川崎Fは中盤でルーズボールを拾ったMF知久陽輝が左中間の児玉へ展開する。サポートした味方の動きを活用した児玉が、縦へ持ち出してから左足を一閃。「1対1とか結構自信があったので最後は自分がやり切ろうと思ってやり切りました」という児玉のファインショットが逆サイドのゴールネットを破り、1-1となった。

 劇的なゴールに沸いた川崎Fは1-1のまま突入したPK戦で1人目のMF矢越幹都からCB田所莉旺、CB土屋櫂大、荒井と4人連続成功。対する先攻・横浜FCは3人目のシュートがポストを叩いてしまう。最後は川崎Fの5人目・MF八田秀斗がクロスバーの下側を叩きながらも右足シュートを決めて決着。川崎Fが“神奈川ダービー”を制して初優勝を飾った。

 川崎Fの指揮を執った石川邦明コーチは「newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2019」へ向けて、選手たちに「この大会、3日間をターニングポイントにしよう」とメッセージ。U-13関東リーグでは、公式戦の緊張やサッカー理解度がまだまだ不足していた部分などもあって、結果が出ていなかった。だが、この3日間を通して、選手たちは石川コーチも「逞しくなった」と認める成長。普段から指揮官が求めているピッチ外の部分や人間性の部分で成長、そして劣勢でも諦めない姿勢がタイトルを引き寄せた。

 田所は表彰式で「(悪天候、タイトなスケジュールの中で)みんなで一つになることができた」と胸を張り、香取は「ビルドアップの時にFWとかがしっかりと顔を出して中盤の選手もサポートをしてきてサイドに散らすという僕たちのサッカーが伸びて、チームとして成長できたと思います」と頷いた。

 石川コーチは「全国レベルの相手に対して自分たちの技術はどうだったのか。今後の成長に活かして欲しい」と期待。「newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2019」を自分たちの変わるきっかけとした川崎F U-13は、貪欲に技術、人間性を磨いて将来の活躍に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)
【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2019

TOP