beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アセンシオが膝負傷…ジダン監督が重傷示唆「酷い怪我に見えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

同点ゴールを挙げたFWマルコ・アセンシオだったが…

 23日、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)のアーセナル戦で負傷したレアル・マドリーのFWマルコ・アセンシオに重傷の可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。

 後半開始から途中出場したアセンシオは1-2で迎えた同14分、DFマルセロの折り返しに反応。左足ダイレクトシュートでニアを破り、同点ゴールを挙げた。しかし、後半17分にFWピエール・エメリク・オーバメヤンと交錯した際に足を負傷し、担架で運び出された。

 試合後、記者会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督はアセンシオの負傷について聞かれ、「心配している。怪我の状況はひどいようだ」と答えた。

「そう(重傷)ではないことを願っている。心配しているよ。(負傷箇所は)膝だ。彼は検査を受けるために病院に直行した。酷い怪我に見えた」。アセンシオが重症である可能性を示唆したジダン監督は「私たちはプレーヤーを失い、少し動揺している」とも明かしており、シーズン開幕に間に合わない可能性も浮上している。

●インターナショナルチャンピオンズカップ2019特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集

TOP