beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

歴史を塗り替えたい!! 武蔵「それだけの力が札幌にはある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵

 飛躍のシーズンを過ごしている。今季加入した北海道コンサドーレ札幌で前線の軸としてプレーするFW鈴木武蔵はクラブでの活躍が認められ、3月に初招集されたA代表ではデビューを飾った。自身にとって大きな変化のある1年の中で、クラブの「歴史を塗り替えたい」という気持ちも強くなっている。

 鈴木は28日に行われたルヴァン杯プライムステージの組み合わせ抽選会に出席。準々決勝で対戦する広島の印象を「ブロックを敷いて堅い。僕たちが慌てるとカウンターを受けやすい」と語りつつ、「慌てずに試合を展開していくことが大事。しっかりとボールを回して、相手の隙ができたところを突いていきたい」とゴールへのイメージも膨らませた。

 今季、長崎から加入すると開幕スタメンこそ逃したものの、第2節浦和戦で初先発を飾って移籍後初得点を含む2ゴールをマーク。アピールに成功すると、その後はレギュラーの座をつかみ、第20節終了時点で6ゴールを記録している。「周りを見る部分も成長しているし、どうパスが来たらどこに動き出すかという部分も練習のときから培われている。動きの予測というのは、すごくできるようになってきた」と自身の成長を感じているようだ。

 また、A代表に初選出されるだけでなく、デビューを飾ったことで、目標がより明確になったという。「今までは代表に入ることは夢のまた夢くらいの感じだった。でも札幌でサッカーをやっていて、すごく現実味が出てきて、目標はW杯に出場するという目標になった」。当然、「どの目標を達するにも、まずは目の前の試合で活躍しないといけない」と、A代表に呼ばれるためにはチームでの活躍が不可欠だということは実感しており、チームに勝利をもたらす結果を残していこうと燃えている。

 昨季からペトロヴィッチ監督が率いるチームは、昨季のJ1リーグでクラブ史上最高位となる4位でフィニッシュした。これまでタイトルの獲得こそないが、鈴木は「歴史を塗り替えたい。それだけの力が札幌にはあると思う。確実に目の前の試合に勝っていき、札幌らしさを出してタイトルを獲得したい」と力を込めた。

 ルヴァン杯の頂点にたどり着くため、まずは広島を下して準々決勝突破を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP