beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大迫勇也が日本人対決でヘディング弾!乾貴士「サコはやっぱりうまかった!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也乾貴士が2ショット

 ブレーメンに所属するFW大迫勇也が、MF乾貴士の所属するエイバルとのフレンドリーマッチでヘディングシュートを決め、4-0の完封勝利に大きく貢献した。

 27日、ブレーメンはエイバルと対戦。大迫と乾がともにスターティングメンバーに名を連ねると、後半16分だった。1点リードのブレーメンは右CKから高い弾道のクロスを入れ、大迫が飛び出したGKより一瞬早く頭で合わせ、追加点のゴールネットを揺らした。

 その後、ブレーメンが2点を追加して4-0で完封勝利。大迫は得点直後の後半17分、乾は19分まで出場した。

 試合終了後に大迫は自身のインスタグラム(@yuya_osako)を更新。乾との2ショット写真を投稿し、「今日はエイバルとトレーニングマッチでした。乾くんともオフに日本でボーリングした以来会えました笑 この調子で開幕迎えられるように頑張ります!」と綴った。

 また、乾もインスタグラム(@takashi.08)に同じ写真を投稿。「強かった。サコはやっぱりうまかった!!俺もまた頑張ります!!」と気持ちを切り替えた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP