beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

遠藤航、シュツットガルト行きの話が再燃…現地紙も「ベルギーから去ろうとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

シントトロイデンMF遠藤航

 ドイツ2部シュツットガルトからの関心が伝えられている、シントトロイデン所属の日本代表MF遠藤航。地元メディアによれば、移籍市場閉幕までに遠藤のドイツ行きが決着する可能性があるようだ。

 シュツットガルトには、ハンブルガーSVにレンタルされていた守備的MFオレル・マンガラが、今夏のタイミングで復帰。だが、同選手にはフェネルバフチェへの移籍話が浮上しており、再放出される可能性があるという。その代案として、遠藤航獲得に向けた動きがある模様だ。

 ベルギーメディア『Het Belang van Limburg』も「今夏、まだヨアン・ボリに退団のうわさがあり、それに加えて遠藤航もベルギーから去ろうとしている。日本人はシュツットガルトに向かうだろう」と伝えている。

 シュツットガルトはウニオン・ベルリンとの入れ替えプレーオフで敗れ、今季はブンデスリーガ2部に属している。遠藤はジュピラーリーグを飛び出してドイツ2部へと新天地を求めるのだろうか。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●ベルギー・リーグ2019-20特集
●海外組ガイド
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP