beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「藤本の固い決意があり…」大分、異例の監督&社長コメント発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分の躍進を支えたFW藤本憲明

 大分トリニータは7日、チームの躍進を支えた10番のFW藤本憲明(29)がヴィッセル神戸に完全移籍したことを受け、監督、社長のコメントを発表した。

▼片野坂知宏監督コメント
「いつも大分トリニータへのご支援、ご声援ありがとうございます。この度、藤本がヴィッセル神戸へ移籍することになりました。チームに加入してJ1昇格の原動力となり、J1でもこれまでチームに多大な貢献をしてくれておりました。藤本が移籍するのはチームとしても非常に痛い戦力を失います。その事は重々承知しており、もちろん慰留を望み話し合いもしました。しかし藤本の固い決意があり、その意思を尊重し苦渋の決断ですが移籍となりました。

 非常に残念ですが藤本には、これまでのトリニータへの貢献に感謝し、私としても決断を尊重し送り出したいと思います。我々トリニータは1人の力に頼るサッカーではなくピッチに出ている11人が結束し最大値を出してこれまで成果をあげております。今後はチームの結束力を高め、目標であるJ1残留を達成できるように勇猛果敢にチャレンジして行きたいと思います。どうかこれからも引き続き大分トリニータへのご支援、ご声援、どうかよろしくお願い致します」
 
▼榎徹代表取締役コメント
「大分トリニータのファン・サポーターの皆様、いつも応援ありがとうございます。このたび藤本選手が神戸に移籍することとなりました。大分で素晴らしい実績を残し、主力としてチームに貢献している選手の移籍は非常に残念です。しかしながら、このような場合には、選手の意思を尊重するのが第一だと考えています。その結果をクラブとしてはしっかりと受け止めていく所存であり、藤本選手の活躍を期待しています。

 われわれは、これまでもピッチにいる選手、ベンチにいる選手、メンバーには入れなかった選手、監督をはじめとするスタッフ、クラブ、そして、ファン・サポーターの皆様と一緒になって戦ってきました。これからも、その姿勢は変わりません。引き続き、大分トリニータへのご支援・ご声援をお願いいたします」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP