beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田&長谷部先発のフランクフルト、アウェーゴール5発でEL予選3回戦先勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷部とともに先発したMF鎌田大地

[8.8 EL予選3回戦第1戦 ファドゥーツ0-5フランクフルト]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は8日、3次予選第1戦を行い、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)は敵地でファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し、5-0で快勝した。鎌田は2トップの一角、長谷部はリベロの位置で揃ってスタメン入り。鎌田は後半28分まで出場し、長谷部はフル出場した。

 昨季、シントトロイデンにレンタル移籍した鎌田はジュピラーリーグで24試合12得点と活躍し、日本代表入りを果たした。フランクフルトに復帰した今季は背番号を40から15に変更している。

 フランクフルトは序盤から試合を支配した。前半11分、約30mの位置で左足を振り抜いたMFフィリップ・コスティッチが鮮やかなロングシュートでネットを揺らし、先制に成功。27分にもコスティッチの左足連続ゴールで2-0に突き放すと、40分には今季、レバークーゼンから加入したMFドミニク・コールがCKのこぼれ球を右足で押し込んだ。

 3-0で前半を折り返したフランクフルトの勢いは止まらない。後半6分には鎌田がドリブル突破からシュートを放ったが、枠外。それでも後半8分、CKの流れからFWゴンサロ・パシエンシアがヘディングシュートを沈め、4-0。後半18分にはDFダニー・ダ・コスタのクロスをMFミヤト・ガチノヴィッチが押し込み、アウェーゴール5点目を沈めた。

 そのまま5-0で先勝し、3回戦突破に大きく前進したフランクフルト。第2戦はフランクフルトの本拠地で15日に行われる。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP