beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リベリの移籍先にPSVが浮上…独メディアでは「バイエルンは復帰させるべき?」の投票も実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンを退団したMFフランク・リベリ

 バイエルンを退団したMFフランク・リベリに新たな移籍先候補が浮上している。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 リベリは昨季限りでバイエルンを退団。2007年から過ごした愛する古巣を去ることとなった。新天地には中東が噂されており、中でもサウジアラビアのアルナスルが最有力候補に挙げられる。

 しかし、そんな中で新たな候補が浮上。オランダ・エールディビジのPSVが獲得に乗り出しているという。かつてのチームメイトでもあるマルク・ファン・ボメル監督が獲得を希望していると伝えられている。

 一方で、バイエルンはいまだリベリ、アリエン・ロッベンの後釜を獲得することができておらず、ドイツメディア『シュポルト1』では「リベリを復帰させるべき?」という投票もスタート。すでに36000ものユーザーが投票を行い、64%が「Yes」と答えている。実現の可能性は低いものの、ファンはまだ36歳の力を求めているのかもしれない。

●ブンデスリーガ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP