beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

複数失点続くセルクル・ブルージュが開幕3連敗…植田は今季初の途中交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF植田直通は後半37分に途中交代

[8.10 ベルギー・リーグ第3節 セルクル・ブルージュ1-3コルトライク]

 ベルギー・リーグ第3節が10日に行われ、DF植田直通の所属するセルクル・ブルージュはホームでコルトライクと対戦し、1-3で敗れた。開幕から3試合連続の複数失点で3連敗。植田は3試合連続で先発出場し、後半37分に今季初めて途中交代した。

 セルクル・ブルージュは前半18分、前節オーステンデ戦(1-3)でもゴールを挙げたFWイドリス・サーディがネットを揺らし、先制に成功する。

 序盤にリードを奪う展開は前節と同じだったが、そこからの連続失点も再現させてしまった。後半4分にコルトライクのMFアブドゥル・アジャグンに同点弾を決められると、同10分にはMFハンネス・バン・デル・ブリュッヘンに逆転ゴールを許す。

 セルクル・ブルージュは後半37分に最後のカードを切り、開幕2試合連続フル出場していた植田を下げてMFオリビエ・デマンを投入する。しかし、同45分にコルトライクの途中出場MFエルベ・カジェにダメ押し弾を献上。そのまま1-3で試合終了を迎え、開幕3連敗を喫した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP