beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[DFB杯]宮市は120分フル出場、PK死闘制したザンクト・パウリが3年ぶり初戦突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季は先発出場を続けるFW宮市亮

[8.11 DFBポカール1回戦 リューベック3-3 PK3-4 ザンクト・パウリ]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は現地時間11日、1回戦3日目を行い、FW宮市亮の所属するザンクト・パウリリューベック(4部) と対戦した。90分間で決着がつかず、2-2で延長戦に突入。3-3で120分間を終えると、PK4-3でザンクト・パウリが競り勝った。宮市は先発フル出場した。

 ザンクト・パウリは2点ビハインドから反撃に出る。後半18分にMFヴァルデマル・ソボタ、3分後にはFWディミトリオス・ディアマンタコスがゴールを陥れ、2-2。延長戦でも互いに譲らず、3-3でPK戦に突入した。PK4-3で死闘を制したザンクト・パウリは3シーズンぶりに1回戦を突破した。

●海外組ガイド
●DFBポカール2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP