beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田大地が待望のフランクフルト初ゴール!! 左足ダイレクトで追撃弾

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト初ゴールを陥れたMF鎌田大地

[8.11 DFBポカール1回戦 バルトホーフ・マンハイム-フランクフルト]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は現地時間11日、1回戦3日目を行い、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトバルトホーフ・マンハイム(3部)と対戦した。

 フランクフルトは立ち上がりに連続失点。前半3分、バルミール・スレマニにゴールを許すと、前半11分にも再びスレマニに決められ、2点ビハインドの状況に陥った。ここから反撃に出ると、前半21分、鎌田がフランクフルト加入後初ゴールをマークした。

 前線でFWアンテ・レビッチが競り合い、FWデヤン・ヨヴェリッチのシュートがブロックされると、PA内右で待ち構えた鎌田が迷わず左足を振り抜き、鋭いダイレクトシュートを突き刺した。1-2に詰め寄る追撃弾。2017-18シーズンにフランクフルトに加入した鎌田は今季、レンタル先のシントトロイデンから復帰。新シーズンの開幕を前に公式戦4試合連続で先発出場を続け、待望のゴールを挙げた。

 前半アディショナルタイムにはMFフィリプ・コスティッチが同点ゴールを挙げ、試合は2-2で後半に突入している。

●海外組ガイド
●DFBポカール2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP