beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

得点王オーバメヤンがV弾、アーセナルが白星発進!ニューカッスル武藤は出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピエール・エメリク・オーバメヤンが決勝点

[8.11 プレミア第1節 ニューカッスル0-1アーセナル]

 プレミアリーグは11日、第1節3日目を行った。アーセナルはアウェーでFW武藤嘉紀の所属するニューカッスルと対戦し、1-0で勝利した。ベンチスタートとなった武藤に出番はなかった。

 昨季5位に終わったアーセナルは、FWピエール・エメリク・オーバメヤンやMFグラニト・ジャカらに加え、MFエインズリー・メイトランド・ナイルズ(21)やMFジョセフ・ウィロック(19)、MFリース・ネルソン(19)といった若手も多く先発。新戦力のDFダビド・ルイス、FWニコラ・ペペ、MFダニ・セバジョス、FWガブリエウ・マルティネッリはベンチスタートなった。

 スティーブ・ブルース新監督を迎えたニューカッスルは、FWアジョセ・ペレスやFWサロモン・ロンドン、FWホセルの退団によりFWアンディ・キャロルやFWジョエリントン、FWアラン・サン・マクシマンを獲得。前線にジョエリントンとMFミゲル・アルミロンが入り、武藤は開幕スタメンとはならなかった。

 序盤はニューカッスルもゴールに迫るシーンを多く作ったが、徐々にアーセナルが攻勢を強め、前半31分に決定機。MFヘンリク・ムヒタリアンの浮き球パスに反応したオーバメヤンがPA左でジャンプしながらトラップし、左足を振り抜く。強烈なシュートだったが、GKマルティン・ドゥーブラフカに止められ、先制のチャンスを逃した。

 それでもアーセナルは後半13分、右サイドのハーフェーライン付近でメイトランド・ナイルズがインターセプト。そのまま駆け上がり、アーリークロスを供給する。これをフリーで受けたオーバメヤンが冷静にGKとの1対1を制し、昨季得点王が新シーズン初ゴールを挙げた。

 追加点が欲しいアーセナルは後半19分にセバジョス、26分にペペ、36分にマルティネッリと新戦力を次々に投入。1点にとどまったものの、ゲームを完全にコントロールし、1-0で逃げ切った。次節は17日に本拠地エミレーツ・スタジアムでバーンリーと対戦する。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2019-20特集

TOP