beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[和倉ユース大会] MF宮野ら台頭の矢板中央、後半戦へ手応えの3位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

矢板中央高は3位。中盤で台頭中のMF宮野流斗

[8.10 和倉ユース大会準決勝 矢板中央高 1-2 前橋育英高 和倉多目的]

 矢板中央高は今後に繋がる3位だ。和倉ユース大会で矢板中央はグループリーグを2勝1分、失点わずか1で1位突破すると、決勝トーナメントでは日大藤沢高、東京Vユースをいずれも1-0で撃破した。

 前橋育英高との準決勝は前半にボールを握られる中で間延びしてしまい、中央から崩される形で2失点。後半はCB長江皓亮主将(3年)中心に我慢強い戦いで食い下がり、MF左合修土(3年)のゴールで1点を返したものの、1-2で敗れた。

 高橋健二監督は準決勝終了後、「ボールを回されて間延びしてしまうところがある。明確な奪いどころがなかった」と指摘。それでも続く3位決定戦では同じくポゼッション型の神戸U-18を2-1で破り、3位で大会を終えた。

 高橋監督は今大会の成長株として、Bチームから這い上がってきたMF宮野流斗(3年)の名を挙げる。宮野はインターハイ全国大会で登録メンバーに入ることができなかったが、和倉ユース大会ではボランチのポジションで奮闘。献身的な守備などでチームを支えた。

 今年のプリンスリーグ関東は開幕10試合で1勝、インターハイも2回戦敗退。苦しいシーズンになっているが、高橋監督は「(宮野だけでなく)だいぶんメンバーが変わってきた。後半、これからスタートするに当たって手応えはある」。競争の中で準備、成長を続けて、後半戦で巻き返す。

(取材・文 吉田太郎)

TOP