beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ライザップ、湘南チョウ監督パワハラ疑惑報道について声明を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレチョウ・キジェ監督

 RIZAP(ライザップ)グループ株式会社が12日、湘南ベルマーレチョウ・キジェ監督のパワーハラスメント疑惑報道について、声明を発表した。

 同日、一部スポーツ紙において、チョウ監督がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載された。湘南は同日午前に「記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と公式ウェブサイト上でコメントを発表していた。

 ライザップは、「当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、『断じて行ってはいけない行為』であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております」と説明した上で、「今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と続けている。

 そして、ライザップより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという一部報道については「事実と異なる内容」としている。6月まで出向していたスタッフ1名は、「研究開発方針に基づき」ライザップに帰任しているが、同スタッフは「チョウ監督からは愛情あるコミュニケーションを受け、私自身も成長できたと感じており、パワーハラスメントの事実はありません。チョウ監督には大変感謝しており、今後は、この経験を活かしていきたいと考えています」と話しているようだ。

 また、チョウ監督を「かけがえのない大切な仲間」とするライザップは、「今後の調査を通じて、重大なコンプライアンス違反の事実がなかったということが明らかにされ、引き続き、共に未来を歩んでいけることを信じております」と指揮官の続投を願い、「湘南ベルマーレの選手やスタッフ、従業員の皆さんにとって、それぞれの持つ力を発揮しやすい環境が今後においてもさらに整備されるよう、強くサポートしてまいります」と継続してサポートしていく姿勢を示した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP