beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ポルトガル挑戦のジダン長男に指揮官が期待「名字のためにサインしたわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アベスに加入したMFエンツォ・ジダン

 アベス(ポルトガル1部)のアウグスト・イナシオ監督が、新加入したMFエンツォ・ジダン(24)への期待を口にした。スペイン『マルカ』が伝えた。

 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の長男であるエンツォ。レアルの下部組織からトップチームに昇格した後、アラベスを経て、昨季はラージョ・マハダオンダ(スペイン2部)でプレーしていた。

 そして、今夏にフリーでアベスに加入したが、11日に行われたボアビスタとの開幕戦を欠場していた。だが、イナシオ監督は同選手を注目度の高さで獲得したのではないかという見方を否定している。

「彼の名字のためにサインしたということはない。彼はアベスを向上させるだろう。彼の名字が最初に認識されるが、それを強調するつもりはない」

「このチームにはエンツォの居場所がないと(周囲で言われていることを)聞いた。だが、みんなが踏まえるべきなのは、彼が(試合に)招集されなかったのは怪我が理由だということだ」

●ポルトガル・リーグ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP