beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英はどうなる? “ブラザー”がバリャドリーに期限付き移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルGKアンドリー・ルニンがバリャドリーにレンタル

 レアル・マドリーは13日、ウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(20)がバリャドリーへの期限付き移籍について合意に達したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年間となっている。

 ルニンは昨年6月に母国クラブのゾリャからレアルへ移籍し、2018-19シーズンはレガネスに期限付き移籍。リーガ・エスパニョーラで5試合に出場し、今夏にレアルへ復帰していた。また、各年代のウクライナ代表に選出され、2018年3月には同国のGK史上最年少となる18歳でA代表デビュー。今年5月から韓国で行われたU-20W杯ではウクライナの初優勝に貢献し、最優秀GKに選ばれている。

 スペイン『マルカ』によると、ルニンは北米ツアー以降、MF久保建英と親交を深めていたという。久保にもバリャドリー期限付き移籍の噂が報じられていたことから、同紙は「ルニンは“兄弟”のクボとバリャドリーで合流する」と伝えていた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

TOP