beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2年連続大学勢にジャイキリ許したG大阪に大ブーイング

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.14 天皇杯3回戦 G大阪0-2法政大 味フィ西]

 2年連続で大学勢に敗れる屈辱だ。ガンバ大阪法政大に0-2で敗れた。

 うつむくしかない、しかし言い訳のできない敗戦だ。G大阪はMF遠藤保仁やMF井手口陽介らが先発。DFラインにもDF三浦弦太やDF金英權、そしてGK東口順昭とほぼベストとも言える布陣で試合に臨んでいた。さらにビハインドを背負ってからはFW宇佐美貴史やFWアデミウソンを投入。それでも最後までゴールネットを揺らすことは出来なかった。

 G大阪は昨年大会の2回戦でも関西学院大に敗戦。2年連続で大学勢に浴びた屈辱。試合後、選手らには応援席から大ブーイングが浴びせられていた。一方で法政大のイレブンがあいさつに行くと、G大阪のサポーターも心からの温かい拍手を送っていた。

●第93回関東大学L特集
●第98回天皇杯特設ページ

TOP