beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プロ入り志望し、強豪大学からの誘いに断り。帝京長岡の快足SB吉田は勝利に貢献しながら評価高める

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京長岡高DF吉田晴稀は8月の福島復旧復興祈念ユース大会でも奮闘

 夢を実現させるために大きな決断をした。昨年度選手権8強の強豪、帝京長岡高(新潟)のDF吉田晴稀(3年)は、圧倒的な走力が魅力の快足SBだ。選手権で全4試合に先発フル出場し、アシストも記録したSBはタレント揃う今年のチームの柱。試合では抜群の運動量とスピードを活かした攻撃参加で敵陣PAに現れて決定的なシュートを放ったり、ラストパスを通したりしている。

 吉田は長岡JY FCに在籍していた中学生時代から系列チームの帝京長岡での一員としてプリンスリーグ北信越に出場。「歴史を変えるために帝京長岡に入った」という吉田は、下級生時からレギュラーになり、選手権で過去最高タイとなる全国ベスト8も経験した。

 全国的に見ても注目SBの一人である吉田は、関東大学1部リーグの強豪大学からの誘いもあったというが、断りを入れて小さな頃からの夢であるプロ入りを目指すことを決断。進路を絞ったSBは夏のフェスティバルでアピールを目指している。

「(プロ入りは)小さい頃からの夢であって、兄もサッカーをやっていて、自分もやって、Jリーグなどを見てそこでプロになりたいと思ったので、まずそこを目指していきたい。自分の決めた道を進んで、目標である日本代表や世界で活躍する選手になっていきたいです」。

 スピードや運動量、前線の選手との連係で攻め上がって行く動きには自信を持っている。「そういうところでは負けたくないですし、スピードでは一番誰にも負けたくない」と吉田。そして、自分の武器を発揮する回数をもっと増やしていきたいと考えだ。

 昨年度からのレギュラー半数を残し、初の日本一も期待された今年のインターハイは県準決勝で敗退。吉田は相手ゴール前に飛び出して決定的なシュートを2本、3本と撃ち込んだが決めきることができず。前半からハイペースで走り続けた吉田が延長戦で交代した後にチームは追いつかれてPK戦の末に敗退した。

 全国大会でアピールすることができなかっただけに、この時期のフェスティバル、そして秋の公式戦も一戦一戦が大事になる。「まずは目の前の試合に勝って、チームが勝つことで自分が評価されると思うので、チームのためにもっともっと頑張っていきたい。個人としてはクロスの質や決定力がまだまだ足りないのでそこを改善していきたいと思っています」

 帝京長岡からはすでにMF谷内田哲平主将(3年)が京都入りを決め、U-18日本代表のFW晴山岬(3年)もプロ入りする可能性が高い。吉田は身長180cm弱と特別なサイズがある訳ではないものの、対人守備の強さ、安定感があり、チーム事情でCBを務める可能性も。“長岡で一番速い”と言われる快足DFは、その中でも強みを発揮し、チームの勝利に貢献し続けて評価を高める。

(取材・文 吉田太郎)

TOP