beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

パルチザン浅野拓磨が移籍後初の先発&フル出場! 敵地敗戦もELプレーオフ進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

パルチザン移籍後初のフル出場を果たしたFW浅野拓磨

[8.15 EL予選3回戦第2戦 イェニ・マラティヤスポル1-0パルチザン]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は15日、予選3回戦第2戦を各地で行い、FW浅野拓磨所属のパルチザン(セルビア)はイェニ・マラティヤスポル(トルコ)と敵地で対戦した。第1戦で途中出場から移籍後初ゴールを決めていた浅野は加入後初の先発フル出場。0-1で敗れたものの、合計スコア3-2でプレーオフ進出を決めた。

 今月3日に加入が発表された浅野は8日のEL予選3回戦第1戦(○3-1)で後半開始時から途中出場し、新天地デビュー。スルーパスに抜け出す得意の形からゴールを決めると、リーグ第4節のナプレダク戦(△2-2)でも後半から出場し、着実に出番を積み重ねていた。

 すると第2戦では、待望の移籍後初先発。浅野自身にゴールはなく、前半7分に失点したチームも0-1で敗れたものの、第1戦に獲得していた2点のリードを活かし、プレーオフ進出を決めた。22日に第1戦、29日に第2戦が行われるプレーオフでは、ノルウェーのモルデと対戦する。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集

TOP