beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中島翔哉が途中出場で加入後リーグ初出場、新加入FWがハットのポルトが今季初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

中島がポルトでリーグ戦初出場を果たした

[8.17 ポルトガル1部第2節 ポルト4-0ビトーリア・セトゥバル]

 MF中島翔哉の所属するポルトは17日、ビトーリア・セトゥバルと対戦し、4-0で勝利した。開幕戦を落としていたポルトは、今季初勝利。ベンチスタートだった中島は後半22分から途中出場して、ポルトでのリーグ戦デビューを飾っている。

 開幕戦で昇格組に敗れ、まさかの黒星発進となっていたポルトだが、2戦目は大勝を飾った。

 立役者となったのは今季よりスパルタク・モスクワからやってきた28歳FWゼ・ルイス。前半11分、20分と立て続けにゴールネットを揺らすと、後半18分にはハットトリックを達成。直後の同19分にはMFルイス・ディアスも得点して、勝利を決定づけた。

 13日の欧州CL予選3回戦のクラスノダール戦にフル出場して、ポルト加入後初出場を飾っていた中島は大量リードを奪ったあとの後半22分から出場。リーグ戦デビューを飾ると、得点に絡むことはなかったが、ミドルシュートを放つなど、積極的にプレーした。

●海外組ガイド
●ポルトガル・リーグ2019-20特集

TOP