beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サポーター同士のトラブル…横浜FMと浦和に制裁金200万円、Jリーグが処分を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグは22日、横浜F・マリノス浦和レッズに対しての制裁を決定したことを発表した。7月13日に日産スタジアムで行われたJ1第19節で、両クラブの一部サポーターがトラブルを起こしていた。

 トラブルは7月13日の試合開始前に発生。浦和サポーターが日産スタジアムの横断幕掲出禁止エリアに横断幕を出してしまい、横浜FMサポーター約40名がビジター側スタンドに詰め寄り、緩衝エリアフェンス越しで浦和サポーター約20名と揉み合いになった。その際に双方に暴力行為があり、その結果負傷者も出ていた。また、浦和サポーターによる緩衝エリアの人のいない場所への傘の投げ込みもあったという。

 Jリーグはホームクラブの横浜FMがJリーグ規約第51条第1項、第2項、第3項の違反、ビジタークラブの浦和がJリーグ規約第51条第4項に違反すると発表。両クラブに①けん責(始末書をとり、将来を戒める)②制裁金200万円の処分を下した。

 また、制裁の理由もJリーグ公式サイトに掲載されている。

以下、各クラブの制裁理由
・横浜FM
「横浜FMサポーターによるビジター側スタンドへの侵入を未然に防ぐことができず、暴力を許し、負傷者を出してしまったことは、主管クラブである横浜FMの警備体制に不備があったことおよび自クラブサポーターをコントロールできなかったことに責任がある。また、当日のトラブルは、SNS等を通して動画で拡散されスタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまった責任は大きい。制裁金の金額については、社会的な影響が大きく、負傷者を出した責任は逃れられないが、浦和サポーターの禁止エリアにおける横断幕掲出が本件を触発した事情を勘案し、200万円が妥当と考える」

・浦和
「浦和サポーターによる横断幕掲出禁止エリアへの横断幕掲出を未然に防ぐことができず、暴力を許し、負傷者を出してしまった。その際に傘の投げ込みもあり、自クラブサポーターをコントロールできなかったことに責任がある。特に、これまでも禁止エリアへの横断幕掲出を繰り返しているにもかかわらず、これを阻止する措置が不十分であったことの責任は軽くない。当日のトラブルは、SNS等を通して動画で拡散され、スタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまった責任は大きい。制裁金の金額については、両クラブ衝突の原因を作り、しかも、衝突の原因となる横断幕掲出ルール違反は今回の件が初めてではなく、これまでも同様の禁止行為を今年だけで4回繰り返していることを考え合わせれば、200万円を制裁金として科す事が妥当と考える」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP