beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

敵地・埼スタで逆転勝利!! 長いトンネル抜けた松本、浦和下して11戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.23 J1第24節 浦和1-2松本 埼玉]

 J1は23日に第24節を開催し、埼玉スタジアムでは10位の浦和レッズ(8勝6分9敗)と17位の松本山雅FC(4勝8分11敗)が対戦。前半19分にFWファブリシオのゴールで浦和が先制したが、後半30分にFW阪野豊史、同37分にMF高橋諒に得点が生まれた松本が2-1の逆転勝利を収めた。

 ここ4戦未勝利(3分1敗)の浦和は17日の第23節神戸戦(●0-3)から先発7人を入れ替え、リーグ戦で12試合ぶりに先発のMF柏木陽介、同じく11試合ぶりに先発のDF森脇良太らがスターティングメンバ―に名を連ねた。一方、ここ10戦未勝利(5分5敗)の松本は前節名古屋戦(△1-1)から先発の入れ替えはなく、同じ11人が先発起用された。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半17分に松本がゴールを脅かすが、MFパウリーニョが放った枠を捉えるミドルシュートはGK西川周作に弾き出された。すると、同19分に浦和が先制に成功。森脇が打ち込んだ縦パスをMF宇賀神友弥がワンタッチで流すと、右サイドをDF橋岡大樹が駆け上がる。橋岡のグラウンダーのクロスに滑り込んだファブリシオがダイレクトで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 さらに前半25分には右サイドから切れ込んだFW興梠慎三のスルーパスに反応したファブリシオが狙うも、GK守田達弥に阻まれてしまった。

 1-0と浦和がリードしたまま後半を迎えると、同19分に浦和ベンチが動き、柏木に代えてFW武藤雄樹がピッチへと送り込まれる。同20分には松本がMF藤田息吹に代えてMF町田也真人を投入して状況を打開しようと試みる。すると同30分、左サイドから高橋が送ったクロスをFW阪野豊史がヘディングで合わせると、クロスバーを叩いたボールはゴールマウスに収まり、松本が試合を振り出しに戻した。

 さらに同38分にはFW永井龍のクロスを高橋がダイレクトボレーで沈め、松本が逆転に成功。浦和の反撃をしのいで逃げ切った松本が2-1の逆転勝利を収め、5月26日の第13節名古屋戦(○1-0)以来となる約3か月ぶりの白星を獲得した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP