beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大分GK高木駿が鬼気迫るビッグセーブ連発!! 広島は猛攻実らずドローも10戦無敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度もビッグセーブを見せた大分GK高木駿

[8.24 J1第24節 広島0-0大分 Eスタ]

 J1リーグは24日、第24節を各地で行い、サンフレッチェ広島大分トリニータが0-0で引き分けた。互いに堅いゲームを展開する中、終盤はホームの広島がビッグチャンスを立て続けに迎えたが、大分はGK高木駿が鬼気迫るファインセーブを連発し、最後まで無失点に抑え切った。

 ホームの広島は前節のFC東京戦(○1-0)と同じスターティングイレブン。対する大分は前節の鹿島戦(●0-1)で累積警告4回目となったMFティティパンに代わり、今夏大宮から加入したMF嶋田慎太郎が移籍後初先発を果たした。

 互いに3-4-2-1のフォーメーションで噛み合う中、立ち上がりは広島が優勢。前半11分、MF川辺駿のロングパスにMF森島司が抜け出すも、わずかにトラップが乱れてしまう。13分にはMF東俊希とのパス交換からMFハイネルが決定機を迎えたが、大分守備陣を崩せなかった。

 広島はその後も森島、川辺のシュートが不発。大分はようやく前半33分、嶋田がミドルレンジからファーストシュートを試み、直後にはMF小塚和季の直接FKもあったが、いずれも枠を外れた。広島は43分、DF佐々木翔のクロスに東が頭で合わせるも、高木のビッグセーブに阻まれ、前半をスコアレスで終えた。

 そのまま0-0で迎えた後半12分、広島は東に代わってMF青山敏弘を投入。すると徐々に攻撃が厚みを増すようになり、18分には川辺のドリブル突破からFWドウグラス・ヴィエイラが決定的シュート。これは高木に阻まれたが、21分にも川辺のクロスがこぼれたところにD・ヴィエイラが反応し、惜しいボレーシュートを放った。

 大分は小塚に代えてFW三平和司を入れたのに対し、広島は後半22分にD・ヴィエイラを下げてFWレアンドロ・ペレイラを投入し、互いに攻撃の交代カードを使う。大分は後半28分、途中出場DF星雄次がハイネルに倒されて敵陣深くでFKを獲得。しかし、この好機から放ったFWオナイウ阿道のヘッドはGK大迫敬介に阻まれた。

 その後は広島が一方的に攻め続け、決定機を連発。しかし、前半から再三ファインセーブを見せていた高木があらゆるシュートを受け止め続け、DF鈴木義宜を中心とした3バックの奮闘もあり、0-0のままタイムアップを迎えた。大分は5試合勝ちなし(3分2敗)。広島は10試合無敗(5勝5分)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP