beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ポルトがベンフィカに快勝、中島翔哉は出産立ち合いのため欠場

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.24 ポルトガル1部 ベンフィカ0-2ポルト]

 日本代表MF中島翔哉の所属するポルトは25日、敵地でベンフィカとのダービー“オ・クラシコ”を戦い、2-0で勝利した。

 前半22分に前節ハットトリックのゼ・ルイスが先制点を決めると、終了間際の後半41分にはFWムサ・マレガにも得点が生まれる。開幕戦で昇格組のジル・ビセンテに苦杯をなめたポルトだったが、連勝で勝ち星を先行させた。一方のベンフィカは今季初黒星。

 なお中島は夫人の出産に立ち会うために一時帰国中で、今節は欠場。セルジオ・コンセイソン監督は「フットボールは人生においてとても大切な何かではあるが、人生の中の一部にすぎず、人生そのものではない。もっと重要なものがある。だから彼を祝福したい。コーチから選手に向けてではない。父親として、新しく父親になる彼にだ」とメッセージを送っていた。

●海外組ガイド
●ポルトガル・リーグ2019-20特集

TOP