beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西U-16~Groeien~]神戸弘陵vs東山は雷雨の影響で0-0で打ち切りに

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.23 関西U-16~Groeien~G1第9節 神戸弘陵高 0-0 東山高 伊勢フットボールヴィレッジ]

「関西U-16~Groeien~2019」は23日に最終節を行い、G1リーグの神戸弘陵高(兵庫)対東山高(京都)戦は、0-0で引き分けた。

 試合は後半途中に雷雨のために中断。ともに優勝争いや全国大会出場権争い、G1リーグ残留争いに絡んでいなかったため、また選手の安全、大会スケジュールも考慮されて試合は打ち切りとなった。

 東山はCB夘田大揮やMF下谷汐苑のインターセプトから、Aチームでも貴重なゴールを連発しているMF藤枝康佑やMF李隆志、MF北田侑也が攻撃力を活かしてゴールを目指した。だが、前日の初芝橋本戦に続いて得点することができない。

 一方の神戸弘陵はMF鞘本嶺とMF松久保翔のダブルボランチやFW竹内悠真を中心にボールを動かし、大会優秀選手にも選出されたMF大塚一希のスルーパスなどからゴール前のシーンを作り出す。右SB澤本颯の攻撃参加も交えてゴールを目指したが、東山GK中条俊介の好守に阻まれるなど得点することができなかった。

 雨中の難しいコンディションだったが、互いに集中力を切らさずに引き分け。神戸弘陵は4勝1分4敗で5位、東山は2勝3分4敗の8位でリーグ戦を終えた。

(文 吉田太郎)
▼関連リンク
関西U-16~Groeien~2019特集ページ

TOP