beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

静学に欠かせない存在のCB阿部、全国出場に「懸ける思いは、チームで一番でないといけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

超攻撃的なチームを最終ラインで支える静岡学園高CB阿部健人

[8.24 プリンスリーグ東海第11節 静岡学園高 4-3 富士市立高 清水総合]

 現在、名門・静岡学園高で最も欠かすことのできない存在かもしれない。静岡県選抜のCB阿部健人(3年)は的確な判断で相手の攻撃を阻止。通れば1点というラストパスを確実にクリアし、対人の強さを発揮するなど富士市立高の前に何度も立ちはだかっていた。

 後半、相手の反撃の前にチームとしてのパワーを失う中、チームリーダーの阿部は声を張り上げて仲間を鼓舞。川口修監督は「阿部が何とか声を出して戦っていた」と評し、ピッチサイドで観戦していた井田勝通前監督もその守備能力を高く評価していた。

 ただし、本人は4-0から1点差にまで詰め寄られた後半の戦いを猛省。「後半に入ってちょっとバタバタした。2失点してからもうちょい自分が鼓舞してあの勢いを止めたかった」。チームとしてだけでなく、個人としてももっと声で失点を防がなければならないという考えを口にしていた。

 昨年は右SBとしてダイナミックな攻め上がりなどを披露。プリンスリーグ東海で連発も記録した。今年はチーム事情で本職のCBに戻っているが、「見方とかサイドとしての気持ちとか分かる」という阿部は他のポジションでの経験を自らのプレーにしっかりと活かしている。際の部分での強さや得点力も備えたDFは、SBとしても、CBとしても全国クラスのタレントだ。

 幼少期の9年間、アメリカで生活していたため、英語も使いこなすバイリンガル。学力も高い注目DFはどのような将来を選択、チャレンジするのかも楽しみだ。その前にラスト半年。昨年の経験者でもあるだけに全国への思いは人一倍強い。「選手権も、上手くいけば(プレミアリーグの)参入戦もあるので、そこに懸ける思いは、チームで一番でないといけないと思っている」と語る阿部が、超攻撃的なチームの失点を一つでも減らし、選手権全国出場とプレミアリーグ昇格を実現する。
 
(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP