beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーニーが英紙に激怒! 浮気報道を完全否定「売るために僕や家族が利用された」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWウェイン・ルーニーが浮気報道を完全否定

 元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、イギリスタブロイド紙『The Sun』に激怒している。

 2018年に母国イギリスを離れ、MLSのD.C.ユナイテッドに新天地を求めたルーニー。これまでD.C.ユナイテッドでは48試合に出場して25ゴール13アシストをマークするなど、アメリカでもその実力を披露している。

 そんなルーニーは、先日「以前よりも私生活はリラックスできている。僕たちの私生活を尊重してくれているのかもね」とアメリカ生活を満喫していると語っていた。しかし、イギリスタブロイド紙のパパラッチに悩まされているようだ。

『The Sun』は先日、ルーニーが2つのクラブをハシゴして計7時間のパーティーを行った後、露出度の高い女性と冗談を言い合いながらホテルに消えていったと伝えている。ルーニーとその女性らしき写真を公開し、妻子を持つ33歳FWの浮気現場をスクープしていた。

 これに対し、ルーニーは自身のツイッターで怒りの反論。「The Sun―もうたくさんだ」とのコメントともに、報道を完全否定している。

「『The Sun』は今週、僕が女性をチームのホテルに連れ込んだように見える記事をトップページにアップした。だが、彼らはそれが真実ではないことを知っているだろう。僕や僕の家族の名前を出して、新聞を売ろうとしているんだ」

「バンクーバーでのその夜、僕と女性の間に何かが起こったことはない。ホテルのロビーで撮られた写真の女性と一緒にエレベーターに乗り込んでいない」

「クラブで撮影された写真の女性は、無邪気に僕にサインを求めてきた1人だ。『The Sun』がアップした写真は、僕やチームを追いかけているフリーランスの男が撮ったもので、僕らの許可なしに遠方から撮影したんだろう。新聞に売られたこの写真は、僕についてセンセーショナルで完全に嘘のストーリーを作成するために編集された」

「このすべての話は、僕を汚すものだ。それは僕の家族にも損害を与えるものであり、我慢はできない」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP