beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「不可欠な存在」マルセイユが酒井宏樹と2022年まで延長延長!

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井宏樹がマルセイユと契約延長

 フランス・リーグアンのマルセイユは29日、日本代表DF酒井宏樹(29)との契約を2022年まで延長したことをクラブ公式サイトで発表した。

 酒井は2016年6月にハノーファーから加入し、主力として毎年コンスタントにプレーしている。2017年9月には契約期間を2021年まで延長。3年目の昨季はファンが選ぶクラブ年間MVPに選出された。

 今季も開幕から3試合連続で先発フル出場している。クラブは契約延長に際し、「サポーターから非常に高く評価されている日本代表は、マルセイユにとって不可欠な存在となっている」と称えた。

 酒井も自身のツイッター(@hi04ro30ki)で「この歴史あるクラブでフリー移籍して来た自分が2回も契約更新をする事ができるなんて考えてもいませんでした。いつも支えてくださっている方に只々感謝です!」と綴っている。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP