beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シーズンパスを使った不正行為…岡山、違反行為3名の処分を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山が違反行為3名の処分を発表

 ファジアーノ岡山は31日、今月25日にシティライトスタジアムで行われたJ2第29節町田戦において、不正行為3名に対する処分を発表した。

 クラブ発表によると、シーズンパスを使った席確保の不正行為が判明したという。この行為は、Jリーグ統一禁止事項に定められている禁止行為であるため、ホームゲーム入場禁止などの処分を科すことを決めた。

 クラブは「ファジアーノ岡山では、安全で快適なスタジアムづくりを目指しており、再発防止に向けセキュリティ強化などに努めてまいります。ファン・サポーターの皆さまにおかれましても、今後ともどうか観戦ルール、観戦マナーの遵守に引き続きご協力いただき、ご観戦くださいますようお願いいたします」と理解を求めた。

 以下、処分内容

▼処分対象者1
・違反行為:チケットで入場し、他者のシーズンパスを借用して上位カテゴリーのエリアに座る(不正行為)
・処分内容:J2リーグ第29節以降のホームゲーム2試合(第31節京都戦~第32節岐阜戦)の入場禁止

▼処分対象者2
・違反行為:自身の持っているシーズンパスを貸与し不正を促す
・処分内容:J2リーグ第29節以降のホームゲーム2試合(第31節京都戦~第32節岐阜戦)の入場禁止

▼処分対象者3
・違反行為:同伴者の不正を知りつつ、行動を共にした
・処分内容:厳重注意処分

※いずれも第29節以降に開催されるアウェーゲームも入場禁止

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP