beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“下位決戦”はドロー決着…町田連勝ならず、千葉は連敗4でストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9.1 J2第30節 町田1-1千葉 町田]

 FC町田ゼルビアのホームで行われたジェフユナイテッド千葉との一戦は、1-1の引き分けに終わった。町田は今季2度目の連勝とはならず。千葉の連敗は4で止まったが、未勝利は5戦に伸びた。

 ともに勝ち点30。千葉が18位、町田が20位とまさかの下位に沈む両チームの激突。互いに浮上のきっかけとしたい一戦だ。前節、岡山に3-0で快勝し、9戦ぶりの白星をあげた町田はスタメンに変更なし。4連敗中の千葉はMF佐藤勇人が9試合ぶり、DF増嶋竜也が6試合ぶりに先発復帰した。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤からチャンスを作っていたのは町田だった。そして前半34分、右サイドからMF森村昂太がクロスを上げると、ゴール前で混戦が生まれる。DF藤井航大が粘って落とすと、詰めていたMFロメロ・フランクがボールコントロールから右足で蹴り込み、先制に成功する。ロメロ・フランクは2試合連続ゴールで今季7点目。

 しかし千葉も前半40分、大きな展開からチャンスを生み出すと、左サイドからDF下平匠が鋭いクロスを上げる。これを打点の高いヘディングで合わせたFWクレーベのゴールで、千葉が前半のうちに試合を振り出しに戻した。

 後半に入ると互いに集中した守りをみせる。後半21分に町田がCKで生まれた混戦からFW林陵平が押し込もうとするが、ライン上で佐藤勇にかき出される。千葉もその流れからカウンターに持ち込むが、最後のクレーベのシュートはGK増田卓也の腕の中にしっかりと収まった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP