beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

千葉の連敗を止めるべくベテラン佐藤勇人が9試合ぶりに先発、試合前から積極的な声掛け「楽しんでやろうよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤勇人(右)が9試合ぶりに先発した

[9.1 J2第30節 町田1-1千葉 町田]

 8月に行った4試合を全敗。18位に低迷するジェフユナイテッド千葉の起爆剤となるべく、37歳MF佐藤勇人が7月7日の徳島戦以来、9試合ぶりに先発に抜擢された。

 前半30分にイエローカードを貰うも、後半21分にはライン上で相手のシュートをかき出して窮地を救うビッグプレーもみせた。

 試合前から選手に声をかけることを意識していたという。ここ最近はスタンドから試合を観ることが多かったことで、「みんな勝たなきゃいけないというプレッシャーを感じているな」と感じたからだ。

「楽しんでやるくらいの気持ちでやろうよ」

 自らにも言い聞かせていたのかもと苦笑いを浮かべたが、「プレッシャーを感じるのは自分でいい。他の選手はもっといいものを出してほしい」という思いを言葉で伝えることで、チームの雰囲気を変えようと試みた。

「この今の状況から抜け出すのは簡単ではない。本来自分たちが持っているものを出さないと、サッカー選手である以上、もったいない。だからみんなのプレッシャーを背負うつもりでやっていました」

 試合は1-1のドロー。連敗は4で止まったものの、同じ勝ち点30の町田を突き放すことは出来なかった。町田については「キックオフしてからの攻勢、ゴールを決めてやるというパワーは見習わないといけない」と感じたという。

「町田のキックオフのパワーは素晴らしいなと思った。自分たちもいい時はフクアリでああいう時間があったと思うが、ここ最近少なくなっている。増やしたいなと思います」

 少しでも収穫を。30試合を終えたJ2で勝ち点31位の16位と、モチベーションの維持が難しい順位だが、ベテランは最後まで「チームとしての価値を上げる」努力を続ける。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP