beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人対決は久保裕也のゲントに軍配…植田フル出場のセルクル・ブルージュは今季5敗目

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人対決に臨んだFW久保裕也とDF植田直通

[9.1 ベルギー・リーグ第6節 ゲント3-2セルクル・ブルージュ]

 ベルギー・リーグ第6節が1日に行われ、FW久保裕也の所属するゲントはホームでDF植田直通所属のセルクル・ブルージュと対戦し、3-2で競り勝った。ベンチスタートの久保は後半26分に途中出場。開幕6試合連続スタメンの植田はフル出場した。

 ゲントは前半11分、カウンターからFWローラン・ドゥポワトルが右足のシュートを決めて先制。同15分にセルクル・ブルージュのMFステフ・ペータースに同点弾を献上したが、その後も相手ゴールに迫っていく。

 前半24分には右サイドからのクロスをFWジョナサン・デイビッドがヘッドで押し込み、勝ち越しに成功。続く同27分、再び右からの折り返しをジョナサン・デイビッドが右足で蹴り込み、3-1とした。

 久保は後半26分にFWギオルギ・クビリタイアとの交代で途中出場。ゲントは同アディショナルタイム3分にセルクル・ブルージュのペータースに追撃弾を許したが、3-2で逃げ切った。これでリーグ戦2連勝。セルクル・ブルージュは2試合ぶりの黒星で今季5敗目となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP