beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドルトムントMFサンチョが人種差別に警鐘「サッカー愛がなくなる」「なんで僕らは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFジェイドン・サンチョが人種差別問題に言及

 ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョが相次ぐ人種差別問題に警鐘を鳴らした。英『BBC』が伝えている。

 1日に行われたセリエA第2節のカリアリ戦で、インテルのFWロメル・ルカクが人種差別の対象となる事件があった。

 また、SNS上でマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバやFWマーカス・ラッシュフォードチェルシーのFWタミー・アブラハムへの人種差別も報告されている。

 サンチョはこのような事件が続くと、なぜ自分がサッカーを愛しているのかが分からなくなり、選手たちがサッカーへの愛を失うことになりかねないと警告した。

「こういうことは、とにかく止めるべきなんだ」

「こんなふうに扱われていては、誰もサッカーをしたくなくなる。もし人種差別が終わらなければ、選手たちは自尊心が削られるし、サッカーに対する愛情もなくなってしまう」

「こういうことが起きるのを見るのはつらいことだ。だって『なんで僕らはサッカーをしているんだ?』という気持ちにさせられてしまうから」

 サンチョは現在、EURO2020予選に臨むイングランド代表に帯同。チームは7日にブルガリア、10日にコソボと対戦する予定となっている。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●EURO2020予選特集

TOP