beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本日ルヴァン杯からVAR本格導入…JFAが解説ページを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サッカー協会(JFA)は4日、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に関する解説ページの公開を発表した。Jリーグでは今日開催されるルヴァン杯準々決勝第1戦からVARが導入。トップリーグの公式戦では国内初の試みとなる。

 VARは今シーズンからJリーグの一部試合で導入が決定済み。ルヴァン杯のプライムステージ全13試合(準々決勝、準決勝、決勝)、J1参入プレーオフ1試合(決定戦)で、最大14試合となっている。

 導入の目的・効果については導入決定の発表時に「審判の判定のうち、試合結果に影響を与える『明白で明らかな誤り』について、VAR導入試合においては限りなくゼロに近づく」、「選手による乱暴な行為や審判に対する異議等が減り、よりフェアでクリーンなプレーが期待できる」と説明されている。

 小川佳実JFA審判委員長はJFA公式サイトにて、「VARの精神は『最小限の干渉により、サッカーという試合に最大限の利益をもたらすこと』であり、ほとんどすべての人によってはっきりとした明白な間違いであると判断される事象に限り、VARが用いられ主審の判定を援助します。それにより、公平公正でより魅力的な試合が展開されることを期待しています」とコメントしている。

以下、JFAのVARに関する解説ページ
http://www.jfa.jp/rule/var.html

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP