beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ゴールになって喜び2倍」川崎F知念、VAR介入1号は“パパ初”ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガッツポーズのFW知念慶

[9.4 ルヴァン杯準々決勝第1戦 川崎F2-0名古屋 等々力]

 川崎フロンターレFW知念慶の先制点が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により認められた第1号となった。ルヴァン杯準々決勝からはトップリーグの公式戦で初めてVARを導入。チームとしても「プレーが止まるけど集中を切らすなという話はしていた」と、制度を意識して試合に入った。

 迎えた前半15分だった。DF車屋紳太郎が浮き球のボールを入れると、背後に抜け出した知念が右足のファーストタッチでGK武田洋平をかわし、左足シュートを無人のゴールに流し込んだ。知念はMF長谷川竜也とともに歓喜を示したが、ゴールネットを揺らした後に「オフサイド・ディレイ」で知念の動きをオフサイドと判定した副審の旗が上がり、VARが介入した。

「オフサイドがないと思って、ゴールが決まったと思って喜んでいたら、後ろを見たらめっちゃ温度差があって…。これはやってしまったと。恥ずかしい思いで戻ったらゴールになった」。VAR介入後に得点は認められ、「ゴールになって喜びが2倍でした」と胸中を振り返った。

「(VARを)待っている時間が嫌な感じがある。その時間で集中力を切らさないことだったり、その時間に左右されないことが大事かなと思います」

 得点後はゆりかごダンスでチームメイトに祝福された。1日に第一子となる長女が生まれ、記念すべき“パパ初”ゴール。「子供はかわいいです。頑張ろうという気持ちになった」と新たな自覚をにじませた。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2019特設ページ

TOP