beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

札幌が逆転勝ちで初ベスト4に前進!! 10人の広島はアウェーゴール2発で第2戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

古巣から2ゴールを挙げたFWアンデルソン・ロペスは大きく喜びを表現することはなかった

[9.4 ルヴァン杯準々決勝 札幌3-2広島 札幌厚別]

 ルヴァン杯は4日、準々決勝第1戦が行われた。札幌厚別公園競技場では北海道コンサドーレ札幌サンフレッチェ広島が激突。FWアンデルソン・ロペスの2ゴールにより札幌が3-2で先勝した。なお、第2戦はエディオンスタジアム広島で8日に行われる。

 グループリーグを首位突破し、プレーオフステージで磐田を下して22年ぶり8強入りを果たした札幌は、先月31日の神戸戦から6人を変更。MFチャナティップとFW鈴木武蔵の代表組らに代え、FWアンデルソン・ロペスやMF岩崎悠人、MFルーカス・フェルナンデスらを起用した。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場のため、準々決勝からの登場となった広島は、磐田戦から2人の変更にとどめ、U-22日本代表招集のGK大迫敬介、MF森島司に代えてGK林卓人とMF青山敏弘がスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半は点の取り合いとなった。まずは開始早々の前半3分、札幌の前線からのプレスをかいくぐり、MF川辺駿とのワンツーからMF東俊希が右サイドに展開。L・ペレイラがPA右に進入し、右足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれ、広島が先制に成功した。

 アウェーゴールを許してしまった札幌だが、前半19分に同点に追いつく。自陣の右サイドからL・フェルナンデスが体勢を崩しながら前線へ蹴り込み、A・ロペスが胸トラップで裏へ抜け出し、ドリブルで独走。PA手前から左足シュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。A・ロペスは古巣からの一発に大きく喜びを表現しなかった。

 これで流れが変わるかと思われたが、広島がすぐさま勝ち越しに成功する。前半21分、敵陣中央から東がスルーパスを送り、抜け出したL・ペレイラがPA右から右足を振り抜く。あまり角度はなかったが、左サイドネットに突き刺し、2-1で前半を終えた。

 1点ビハインドの札幌はハーフタイムで岩崎を下げ、FWジェイを投入。すると、後半3分、裏のスペースへ送られたパスにジェイが抜け出そうとしたが、並走したDF荒木隼人が手で止めたとして、2枚目のイエローカードにより退場。PA手前で得たFKをDF福森晃斗が左足でゴール右隅に突き刺し、同点に追いついた。

 数的不利となった広島は、東を下げてDF井林章を入れ、前線の枚数を減らした。一方、ボールの主導権を握り、押し込む時間帯を増やしていった札幌は後半21分、福森の右CKからニアに飛び込んだL・フェルナンデスが打点の高いヘディングシュート。しかし、左ポストを叩き、追加点とはならなかった。

 攻めあぐねる札幌だったが、後半37分に縦パスをジェイがダイレクトでPA右に叩き、反応したMF白井康介が倒されてPKを獲得。A・ロペスが冷静にゴール左隅に沈め、3-2と逆転に成功する。試合はそのままタイムアップを迎え、札幌がクラブ史上初のベスト4入りに前進した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●ルヴァン杯2019特設ページ
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[ルヴァン杯]準々決勝第1戦 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP