beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ラポルトの年内復帰は厳しい?マンCが手術成功を報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

膝の手術を受けたアイメリック・ラポルト

 マンチェスター・シティは4日、フランス代表DFアイメリック・ラポルト(25)が膝の手術が成功したことを発表した。

 ラポルトは8月31日に行われたプレミアリーグ第4節ブライトン戦で右膝を負傷して途中交代。2年半ぶりに招集されたフランス代表を辞退した。

 クラブ発表によれば、ラポルトは右膝の軟骨と外側半月板の損傷により、バルセロナにいる名医であるラモン・クガ氏のもとで手術を実施。無事に成功したという。

 英『テレグラフ』によると、最大4か月の離脱となる見込み。年内の復帰の可能性は低いと伝えている。また、ジョゼップ・グアルディオラ監督は守備的MFのフェルナンジーニョをセンターバックで起用することを検討しているという。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP