beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年度選手権王者・青森山田、23連覇懸けた青森県予選は準々決勝から登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和内定MF武田英寿主将擁する青森山田高は準々決勝から登場

 第98回全国高校サッカー選手権青森県2次予選の組み合わせが決まった。昨年度の全国大会優勝校で、浦和内定MF武田英寿主将(3年)や横浜FC内定MF古宿理久(3年)を擁する青森山田高は準々決勝から登場。全国連覇を狙う北の名門は、まず23年連続25回目となる全国大会出場に挑戦する。

 2次予選は10月12日に1回戦が行われ、インターハイ予選準優勝の八戸学院野辺地西高や同3位の八戸学院光星高などは2回戦から登場。決勝は11月16日に青森県総合運動公園陸上競技場で開催される。

以下、1、2回戦組み合わせ
【青森】
[1回戦](10月12日)
(1)青森北高 - 三本木農高
(2)青森西高 - 青森東高
(3)向陵高 - 八戸西高
(4)弘前実高 - 五所川原工高
(5)五所川原高 - 八戸高専
(6)三沢商高 - 木造高
(7)青森工高 - 八戸工大一高
(8)八戸高 - 八戸東高
(9)東奥義塾高 - 三沢高

[2回戦](10月13日)
(1)の勝者 - (2)の勝者
(3)の勝者 - (4)の勝者
百石高 - 十和田工高
八戸学院光星高 - 弘前高
(5)の勝者 - (6)の勝者
(7)の勝者 - (8)の勝者
(9)の勝者 - 八戸学院野辺地西高

青森山田高は準々決勝から登場


●【特設】高校選手権2019

TOP