beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サラゴサ加入から1か月…香川真司、アルコルコン戦は右サイドで先発か

このエントリーをはてなブックマークに追加

香川真司を右サイドハーフで起用?

 サラゴサに所属するMF香川真司が、今季初めて右サイドハーフで起用されるようだ。スペイン『エル・デスマルケ』が伝えている。

 サッカー界は代表ウィークに突入しているが、スペイン2部では今週末もリーグ戦を開催。香川の所属するサラゴサは、8日に敵地でアルコルコンと対戦する。

 香川はここまでリーグ戦3試合すべてにトップ下で先発出場。だが、アルコルコン戦ではその役割が少々変わるようだ。同メディアによれば、香川は4-4-2の右サイドハーフで起用される見込み。同メディアは以下のように伝えている。

「フィールド中央とフォワードをリンクする役割として、香川真司が右サイドで起用される可能性がある。また、ラウール・グティが左サイドで同じ役割を果たす。前線にはルイス・スアレスとラファエル・ドワメナの2トップが形成される」

 加入から約1か月が経ち、チーム内での連携も高まってきた様子。香川がこれまでとは違うポジションでチームに勝利をもたらすことができるか。試合は日本時間9日の午前1時半キックオフを予定している。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP