beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

A・ロペスが古巣沈める一発!札幌が広島を退けクラブ史上初のベスト4進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.8 ルヴァン杯準々決勝 広島1-1札幌 Eスタ]

 ルヴァン杯は8日、準々決勝第2戦が行われた。エディオンスタジアム広島ではサンフレッチェ広島北海道コンサドーレ札幌が対戦。1-1で引き分けに終わったが、2戦合計スコア4-3で札幌がクラブ史上初の4強入りを決めた。なお、準決勝ではガンバ大阪と対戦。10月9日の第1戦はアウェー、同13日の第2戦はホームで開催される。

 4日の第1戦を2-3で落としたものの、アウェーゴールを2つ奪い、突破に望みをつないだ広島は、先発4人を変更。退場となったDF荒木隼人、MF青山敏弘、MFハイネル、FWレアンドロ・ペレイラに代え、DF井林章とMFエミル・サロモンソン、MF柴崎晃誠、FW 渡大生を起用した。

 ホームでの第1戦を制した札幌はアドバンテージを持って第2戦へ。先発を2人入れ替え、DF進藤亮佑とMF岩崎悠人に代えて、DF宮澤裕樹とFWジェイを起用。クラブ史上初のベスト4入りを目指す。

 突破へ勝利が絶対条件の広島は、前半8分に高い位置でボールを奪い、PA右から渡がマイナスに折り返したボールをMF川辺駿が右足シュート。これが枠を外れると、直後に札幌に先制点が生まれる。

 前半9分、FWアンデルソン・ロペスが敵陣中央から持ち運び、相手2人のマークを振り払い、PA右手前で反転して左足を振り抜く。低い弾道シュートがゴール左隅に吸い込まれ、札幌が先制点。A・ロペスの2試合連続ゴールで2戦合計スコアを4-2とした。

 アウェーゴールを許し、厳しい状況となった広島。前半34分、敵陣中央で縦パスを受けた川辺がワンタッチで後方へ流し、渡が抜け出してGK菅野孝憲と1対1に。絶好のチャンスだったが、右足シュートは無情にもゴール右に外れ、前半は無得点に終わった。

 広島は後半開始から2枚替え。サロモンソンとMF稲垣祥を下げ、青山とハイネルを投入。札幌はMFルーカス・フェルナンデスに代えてMF早坂良太を送り込んだ。後がない広島が後半立ち上がりから攻勢を強めると、4分に1点を返す。左CKからMF東俊希がクロスを入れ、GK菅野が触ってこぼれたボールに渡が頭で押し込み、1-1とした。

 2戦合計スコア3-4とした広島は、後半31分に3枚目の交代カードで柴崎がを下げ、MF野津田岳人を入れる。38分、川辺の絶妙なスルーパスでMF柏好文が完全に抜け出し、PA左から中央へラストパスを送る。これを後方から走り込んだ青山が右足インサイドで狙うが、相手のブロックに阻まれ、チャンスを逃した。

 試合は1-1のままタイムアップ。広島の猛攻を耐え凌いだ札幌が2戦合計スコア4-3で逃げ切り、クラブ史上初のベスト4入りを決めた。一方の広島は、準優勝した2014年大会以来5年ぶりの準決勝進出とはならなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●ルヴァン杯2019特設ページ
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[ルヴァン杯]準々決勝第2戦 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP