beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“テレビの向こう”に立った堂安「ラッキー」「良い狙い」で2点演出

このエントリーをはてなブックマークに追加

2点に絡んだ日本代表MF堂安律(PSV)

[9.10 W杯アジア2次予選 日本2-0ミャンマー ヤンゴン]

 久々といえる大活躍を見せた。MF堂安律(PSV)が泥臭さとテクニックの両方を併せ持ったプレーで日本代表の全2得点に絡んだ。

 先制のシーンは前半16分。敵陣の左サイドで堂安が相手ボールを奪い取り、DF冨安健洋(ボローニャ)のパスからMF中島翔哉(ポルト)の強烈なミドルシュートが決まった。「1点目は引かずに奪いに行ったのがよかった。でも、意図的なボールの奪い方でもなかったですし、少しラッキーなところもありました。あれは翔哉くんの個人技だと思ってます」。

 2点目は同26分。今度は堂安が自らシュートを打つと、相手GKが弾いたボールを再び拾ってそこからクロス。これをMF南野拓実(ザルツブルク)がヘディングで決めた。「ああいう相手は真ん中から崩すというのが難しい中で、跳ね返ったところでディフェンスがボールウォッチャーになるのは分かっていたので、いい狙いとしたクロスかなと思います」。

 しかし、後半は連日のスコールでぬかるんだ芝の影響でチーム全体に疲労が見え、プレーの質が下がった。堂安は「前回の試合(キリンチャレンジ杯・パラグアイ戦)と同じように3点目を取りに行こうというところで取れなかった。ゼロに抑えられたのは素晴らしいことですけど、まだまだ自分たちの質が低い。自分も含めてそこは課題かなと思います」と自戒を込めて言う。

 森保ジャパン発足時から中島、南野と堂安の3人は爆発的な攻撃力から「若手三銃士」という異名を授かった。だが、今年になって堂安は相手のマークが厳しくなったこともあり、精彩を欠いていた。時期を同じくして、同じポジションで同じ左利きのMF久保建英(マジョルカ)が台頭。攻撃でインパクトを残すようになり、堂安にも危機感があったのだろう。

 そんな中で迎えた初めてのW杯予選。初戦という大事な試合で2得点に絡んでみせた。「今までテレビで見てた舞台だったので、そこに出場できるというのは感慨深かったです。何より日本にいるみんなから応援がきていた。試合が終わってから改めて、すごい舞台に立ってたんだなというのを感じさせられています」。そう言って笑顔を見せた。

「環境的には厳しいものがあったけど、散歩ではいままで見たことのない景色があった。これからも楽しみながらやりたい」。W杯予選という絶対に負けられない戦いを前向きに捉えて、堂安は成長していく。

(取材・文 矢内由美子)
●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP