beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「夢を目標に変えることができました」。松本内定MF山田真夏斗は立正大淞南でプロへの道を切り開く

このエントリーをはてなブックマークに追加

立正大淞南高MF山田真夏斗松本山雅FC内定記者会見は全校生徒が見守る中で実施された

「淞南高校に来て南監督と出会い、夢を目標に変えることができました」

 松本山雅FC内定のMF山田真夏斗(3年)は、立正大淞南高(島根)で成長した選手だ。立正大淞南の南健司監督は「こちらが指導をできない才能を元々持っていました」と語るが、一方でSAGAWA SHIGA FOOTBALL ACADEMY(滋賀)時代は本人も認める通り、守備や走ることが課題になっていた。

 山田は立正大淞南への入学当初からプロサッカー選手になるという夢を持っていたが、なれる自信が全くなかったという。メンタル的な強さもまだまだ足りなかった。それでも、山田は「(知識や考え方が)言葉にできないくらい凄い人です」という南監督をはじめとしたコーチ陣の指導、仲間の存在、寮生活、週に数日ある土のグラウンドでの練習等、立正大淞南の3年間で自分が変化したことを実感している。

「(南監督の指導で)私生活がサッカー面に繋がってくると思いました。(例えば)遅刻してくる人は試合の入りも悪い」。私生活も意識しながら、ピッチ上での課題を改善。最高学年になって南監督も認めるほどエースとしての自覚が高まった山田は、武器である瞬間的な視野の広さや高精度の両足キックをよりコンスタントに表現できるようになり、プロ入りを勝ち取った。

 この日、内定記者会見で山田の姿を見ていた母・彰子さんは息子の性格について、「根は優しいですけれども、落ち着きがないです」と説明する一方、「(立正大淞南の3年間で)大分、大人になりました」と頷く。そして、「最初に(昨夏)ゲキサカに(記事を)載せて頂いて、その時に上の子(兄)が『これ、ホンマにアイツが言っている?』って言っていたくらいしっかりしたと思います」と微笑。会見で山田から家族への感謝の言葉を伝えられ、喜びをまた噛み締めていた。

 会見は全校生徒が見守る中で実施された。山田の入場時にサッカー部員をはじめとした仲間たちが松本の応援歌を歌う“サプライズ”。「素直に嬉しかったです。ああいうことをしてくれるのも淞南高校だけだと思いますし、あれが淞南の良さ」と笑った山田は、「淞南高校に来て多くのことを学びましたし、中学校では想像できないくらいに自分の変化を感じていますし、淞南高校に来て良かったなと思っています」。プロ入りという自身の目標を実現した山田は、ここから仲間たちの目標を達成するためにプリンスリーグ中国や選手権予選の戦いに集中する。

「もう少しで選手権があるんですけれども、絶対に勝たなければいけない大会ですし、きょうからまた全員で気を引き締めて選手権に向かっていきたい。目標はまず全国に出ること。そこから1か月あるので、もう一回チームでメンバー争いをして、ランクを一つ上げて日本一になることが目標です」。そのために「課題はいっぱいある」自身も貪欲に成長し、ピッチ内外で仲間たちと“強い淞南”を作っていく。

 チームメートのMF石橋克之(3年)は山田のプロ入りについて、「かなり刺激になっています。個人としても、チームメートにプロがいることは心強いですし、素直に嬉しい気持ちでいっぱいなんですけれども、チームにとっても寮生活の中でアイツが見本となる部分もあるので、そこはアイツを見て後輩たちも生活すると思うし、良いモチベーションになるんじゃないかと思っています」と語っていた。山田はプロサッカー選手としてピッチ内外で立正大淞南を引っ張り、選手権で仲間たちとともに目標を実現する。

(取材・文 吉田太郎)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP