beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:市立船橋MF坪谷至祐「選手権、インターハイで優勝したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

市立船橋高MF坪谷至祐

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。A League7位の市立船橋高(千葉)からは攻守に渡ってボールに絡んでチームにリズムを生み出していたMF坪谷至祐が優秀選手を受賞。その坪谷が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「このリーグ全試合を通して自分たちのチームは負けも多く、9試合中6試合負けてしまったんですけれども、その多くの負けや少ない勝ちから学ぶことが多かったので、良いリーグ戦になったと思います」

―個人のパフォーマンスについては?
「一緒に1年生だけという練習は少ないんですけれども、その中でもみんなで力を合わせて、プレーとかも合わないこともあるんですけれども、それでも前向きにポジティブにやっていくことができました。自分としては、1年の中で合わせて行けたらもっと良いプレーができたと思いますけれども、それでも個人の力を出し合って、頑張れたんじゃないかなと思います」

―自分のストロングポイントは?
「攻撃と守備両方に参加していくことです」

―今後はどのような選手になっていきたい?
「自分はボランチをやっていることが多いんですけれども、ボランチ以外で出た時も、出たポジションで攻撃、守備でも両方で活躍して、守備はできていると思うのでもっと攻撃で絡んでいきたいです」

―市船に進学した理由を教えて下さい。
「市船と言ったらプレミアリーグなので、強い人たちの中でプレーしたいというのが強くありました」

―3年間の目標について教えて下さい。
「2年からスタメンで出れるようになって、3年で選手権、インターハイで優勝したいです」


(取材・文 吉田太郎、写真提供 市立船橋高)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP