beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:帝京三MF菅野恭生「ゲームを作って勝利に導ける選手に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京三高MF菅野恭生

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。A League8位の帝京三高(山梨)からは入れ替え戦での貴重な2発などでチームをA League残留へ導いたMF菅野恭生が優秀選手を受賞。その菅野が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「全部の試合を通して自分たちは惜しいという結果で終わっていて、勝ち切れないというところが自分たちの課題であって、弱さでもあるかなと思っています」

―自身のパフォーマンスについては?
「全然ですね。上の人たちが(A Leagueで)繋げてくれたけれど、自分たちはレベルが低いし、(最終節は)自分と塚下(宏希)がボランチをやっていたんですけれども、引き出してとか、前と繋がれるかというところは自分の課題だったけれど、やっぱり技術不足でした」

―自分のストロングポイントは?
「自分の特長は技術ないのでガッツで、守備やチームをどう勝ちにこだわって勝たせられるかというところが大事になってくる」

―最終節の流経大柏戦はあとちょっとのところでの敗戦だった。
「流経もそんなに甘く勝てる相手ではないし、自分たちもシュートで終われないし、後半はゼロで抑えられたのは良かったんですけれどもやっぱりシュートまでいけないことが今後の課題にもなると思います」

―今後はどのような選手になっていきたい?
「ゲームを作って勝利に導ける選手になっていきたいです」

―帝三に進学した理由を教えて下さい。
「プロにも行けるし、強いチームだし、自分もそこで活躍できれば将来もあるかなと思いました」

―3年間の目標を教えて下さい。
「3年間の目標は全国でタイトルを獲るということもそうですし、やっぱり先輩たちも全国獲るために頑張っているので自分はそれをサポートするだけ。自分も頑張っていきます」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP