beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:鹿島学園MF鈴木仁也「見ている人を楽しませるようなプレーができる選手に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島学園高MF鈴木仁也

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。A League9位の鹿島学園高(茨城)からはポジショニングの良さと技術力の高さを発揮していたMF鈴木仁也が優秀選手を受賞。その鈴木が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「僕らのチームは失点が止まらなくて、得点はできているんですけれども、そこの失点の部分で課題が残ってしまった。その中でも攻撃にはしっかりと取り組んできたので、そこはしっかりと出せたと思います」

―個人のパフォーマンスについては?
「波の無いプレーができて、自分としては及第点なプレーがずっと出来ていたと思っています」

―自分の強みは?
「相手に捕まらないポジションを取り続けることでフリーになって、そこからのスルーパスやドリブルが自分の強みだと思います」

―今後はどのような選手になっていきたい?
「自分ひとりで打開できるような選手にもなっていきたいし、見ている人を楽しませるようなプレーができる選手になっていきたいです」

―3年間の目標について教えて下さい。
「もちろん、選手権に出場して全国で優勝することです」

―鹿島学園への進学理由は?
「色々なところから推薦の話があったんですけれども、ここが一番サッカーする環境が良くて決めました。(地元の)大阪だったらどこが出るかわからないので」

―成長を感じている部分は?
「鹿島学園でもAチームで練習させてもらうことが多くて、中学生からはスピード感が速くなったりして自分としても成長を実感できています」

―最後に今後への意気込みを。
「今後は自分をもっと成長させていって、プロに近づけるように頑張っていきたいと思っています」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP