beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:武南DF小曽戸堅心「積み上げて、2年後の選手権などにしっかりと出たい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

武南高DF小曽戸堅心

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。A League10位の武南高(埼玉)からは左SBのポジションで判断よくボールを動かすなど賢くプレーしていた小曽戸堅心が優秀選手を受賞。その鈴木が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「立ち上がり上手く入れて攻撃でチャンスになるシーンも結構多かったんですけれども、自陣で回している時に簡単なミスとかで失点してしまったので、それは結構ダメージが大きかったです」

―リーグ戦でできたこと、課題になったことは?
「最初の方にボランチとかSHで出ていて、途中からSBになったんですけれども、自分はフィジカルも、スピードもないので頭を使ってやらないといけなかったので、Rookie Leagueを通して考えてプレーすることは良かったと思います。フィジカルとスピードが課題だと思います」

―自分の強みは?
「蹴る前のポジショニングとか、受けた時に楽になるように、持ってからパスを出すところを考えるんじゃなくて、受ける前にある程度考えておいて、そこに出すと言う感じです」

―武南に進学した理由は?
「やっているサッカーが見ていて面白くて、それがきっかけになりました」

―どのような選手になっていきたい?
「武南高校の左SBのポジションに尊敬している安野天士君がいるので、その人みたいになれるようにしたいです」

―3年間の目標は?
「Rookie League通してなかなか良い結果が出ていなくて、1回も勝てていないんですけれども、ここから2年間、練習や試合でしっかりと積み上げて、2年後の選手権などにしっかりと出たいです」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP