beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2試合連続PK失敗のグリエーズマン「ガッカリだよ。良い勢いがあったのに…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2試合連続PK失敗のFWアントワーヌ・グリエーズマン

 フランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンは、アンドラ代表戦の勝利を振り返った。

 10日に行われたEURO2020予選でアンドラと対戦したフランス。前半18分にキングスレイ・コマンが先制弾を奪ったものの、同28分にはグリエーズマンがPKを失敗し、追加点のチャンスを逃してしまう。それでも後半7分にグリエーズマンの汚名返上となるアシストからクレマン・ラングレが2点目を挙げ、同アディショナルタイムにはベン・イェデルが3点目。無失点で終え、3-0で快勝を収めた。

 EURO予選初戦は落としたものの、これで3連勝を達成したフランス。得失点差でトルコを抜き、首位に立っている。

 グリエーズマンは「そうだね、(9月の代表ウィーク)2試合で2回勝てた。それが僕らが望んでいたことだ。6ポイントを取るというね。僕らにはサポーターの前で、ホームで試合できるというアドバンテージがあった。たくさんの人が来てくれたことに感謝したい」と、ファンへ感謝を述べた。

 なお、グリエーズマンは先日のアルバニア戦(4-1)でもPKを失敗しており、2試合連続で絶好機を逃す形に。その際には「奥さんが見てなかったからだ」とおどけてみせた28歳FWだが、今回は「そうだね、ガッカリだよ。前にも言ったけど、良い勢いがあったのに……。でも、続けていかないとね」と、反省しつつもやり続けていく必要があると語った。

●EURO2020予選特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP