beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:矢板中央MF小出勇翔「エンゴロ・カンテ選手のように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

矢板中央高MF小出勇翔

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。B League優勝の矢板中央高(栃木)からは判断の良いインターセプトなど中盤で存在感を放ったMF小出勇翔が優秀選手を受賞。その小出が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」はどのような大会だった?
「リーグ通して無失点をやっていた中で、無失点優勝をするチャンスがあったけれど、(最終節の1失点で)無失点優勝ができなかったのはとても悔しいところです。でも、優勝してプレーオフ出れるというのと1部に昇格出来たのは良かったです」

―自身のパフォーマンスについては?
「最初の方はCBで試合に出ていたんですけれども、途中からボランチになって、(最終節も)パフォーマンス的にはもっとできたというのがありました」

―自分のストロングポイントは?
「ヘディングだったり、守備のところでカットしたりするのが自分の得意とするプレーです」

―矢板中央に進学した理由は?
「まず練習会に行った時に、一番自分のやりやすい環境でもあって、寮も。あと、プレースタイルも矢板中央に来たきっかけになりました」

―今後、どのような選手になっていきたい?
「まだまだ足元がないので、パスとかミスを減らして、エンゴロ・カンテ選手のように、守備も攻撃もできるような選手になりたいです」

―3年間の目標を教えて下さい。
「自分たちの代の選手権は100回大会ということで、矢板中央初の全国制覇を目標にやっています」

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP