beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手:清水桜が丘FW大内陽稀「伝統を引き継ぎながら、全国で勝てるようになっていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水桜が丘高FW大内陽稀

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。B League3位の清水桜が丘高(静岡)からは前線で競り合いの強さやチャンスに繋がる動きを見せていたFW大内陽稀が、優秀選手を受賞。その今泉が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」を振り返って。
「最初の方はあまり何もできなくて結果とかも残すことができなかったんですけれども、最後の最後(最終節・矢板中央高戦)でPKですけれども点を決めて、チームに貢献できたので良かったです」

―自分のストロングポイントは?
「相手と競るところだったり、決め切るところを自分の中ではストロングと言うか意識しています」

―チームの成長をどう感じた?
「今までチームとしてやろうということを継続してやってこれたので、最後首位相手でしたけれども勝てて良かった」

―清水桜が丘に進学した理由を教えて下さい。
「自分が小学校からサッカーをやってきて、やるならば、全国狙えるところでやりたくて」

―高校3年間の目標を教えて下さい。
「3年間の目標は最終的には全国制覇なんですけれども、それまでに先輩たちが活躍してきた伝統を引き継ぎながら、全国で勝てるようになっていきたいと思っています」

―どのような選手になっていきたい?
「チームが厳しい状況でも一人で打開できたり、苦しいところで点を決めてチームを楽にする選手になりたいです」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP