beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手: 帝京DF松井領「チームに最後のところで貢献できるような選手になりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京高DF松井領

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。B League4位の帝京高(東京)からは正確なフィードや責任感の強い守備を特長とするDF松井領が優秀選手を受賞。その松井が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」を振り返って。
「トップチームに絡んでいる選手とかいる中で今日までやってきて、最初の方は調子良かったんですけれども、途中で失速してしまった部分がちょっとありました。(敗れた最終節も)みんなで勝とうという気持ちはあったんですけれども、その気持ちが相手の方があったのかなと思います」

―自分のパフォーマンスについて。
「(最終節も)失点をしていますし、足りない部分、改善していく部分が凄くあるので練習がたくさん必要だと思います」

―ストロングポイントは?
「自分はキックの精度などを特長として持っているので、あとは対人だったり、ヘディングだったり、強さという部分でもうちょっと輝きたいなと思っています」

―今後、どのような選手になっていきたい?
「今後は1対1とかここで決められると危ないという場面で、自分が相手が何人いたとしても守れるように、チームに最後のところで貢献できるような選手になりたいです」

―帝京に進学した理由を教えて下さい。
「先輩も中学で所属していたクラブ(FC東京むさし)から多く行っていて、自分は蹴るとかそういうサッカーがあまり好きではなくて、帝京のサッカーを見た時に魅力を感じて来ました」

―高校3年間の目標について教えて下さい。
「今、古豪という風に言われているので、今回の選手権とかでも勝っていって、自分が3年生になった時や、自分が卒業した後に東京の全国の常連校になっているように今から頑張っていきたいです」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP